【廃盤じゃなかった】パタゴニアのマイクロパフフーディはどこが素晴らしかったか?

アウトドアファッション

パタゴニアのアウターには人気の保温ジャケットがたくさんありますが「マイクロ・パフ・フーディ」はそのなかでも人気上位に入ります。

とても暖かくてとにかく軽い。小さくたためて秋冬ハイキングや旅行のバッグに入れてもかさばらない。

そんな「マイクロ・パフ・フーディ」が2021年秋からパタゴニアWebSHOPのアウトレットコーナーに登場しています。

もしかして廃盤なのか?人気がないのか?そんなはずは?

今回は小生所有のパタゴニアウェア中、一番使用回数が多かった「マイクロ・パフ・フーディ」のレビューを紹介します。

この記事はこのような人が読んでいます
・ダウンジャケットを買いたい
・軽くて暖かいジャケットを検討している
・パタゴニアが好き
スポンサーリンク

パタゴニアの一品マイクロ・パフ・フーディ

軽くて暖かいインサレーションがほしいなと思い、各アウトドアメーカーの中からパタゴニアのマイクロパフフーディを選びました。

マイクロ・パフ・フーディはダウンの代替として軽い画期的な化学繊維で超軽量と耐水性を備えています。

インサレーションとは中綿の入った保温ウェアのことで、昔はコットンが使われていましたが今ではダウン(羽毛・フェザー)や化学繊維が主流となっています。

ダウンか化学繊維かで迷われる方も多いと思いますが、お手入れや使い勝手は化学繊維の方が優れていますし、ダウンは鳥の羽毛なので劣化も早いかもしれません。

カラー:Black

2021年セール対象品です

カラー:Forge Grey

2021年セール対象品です

カラー:Fire

2021年セール対象品です


マイクロ・パフ・フーディは今は3色展開。

スポンサーリンク

マイクロパフ、ナノパフの違い

パタゴニアには化学繊維のインサレーションを持つジャケットが2つあります。

マイクロパフ・ジャケットは廃盤扱いで、ナノパフ・ジャケットは継続販売しています。

マイクロパフもナノパフも似たようなものですが、マイクロパフの中身は「プルマフィル・インサレーション(パタゴニアの独自素材)」を使用し、ナノパフは「プリマロフト・ゴールド・インサレーション・エコ」と違っています。

「マイクロパフ」は濡れても保温性を保ち、軽量で、まるでダウンのような温かさを備えたタウンウェア。

「ナノパフ」はアクティビティ向きで保温性と防風性と耐水性を備えたジャケットになります。

なぜマイクロパフが廃盤になるのかは分かりませんが、同種の化繊ジャケットは2つは要らない、また製造価格の高騰が理由でしょうか?

パタゴニアからの情報はありません。

マイクロ・パフ・フーディはアメリカで購入

筆者は昨年にロスアンゼルスに行く用事があったので(コロナが流行る前だったのでセーフ)「Forge Grey」カラーをサンタモニカのパタゴニアショップで購入。

当然日本で買うより安かったです。


日本で買うなら?


Forge Grey(フォージグレー)は少し茶色が入ったグレー色で表面に少しのツヤがあります。

高級感もあり、お気に入りジャケットに。
それとフード付きにしたので値がはりましたがその分暖かいですね。

その時は「マイクロ・パフ・フーディ」が廃盤になるなんて思いもよらず。

今のパタゴニアのWebshopではアウトレット価格での大幅なプライスダウン。

買うなら今でしょ!(古っ)

ヤマップ公式通販 YAMAP STORE

マイクロ・パフ・フーディのディティール

マイクロ・パフ・フーディの仕様も紹介しておきます。

詳細

  • 非常に軽量なパーテックス・クアンタム・リップストップ・ナイロン製シェル
  • 耐水性(撥水加工済み)と防風性を備える
  • ダウンのように温かくコンパクトに収納できる。濡れても保温性を維持できる
  • シェル&裏地:0.8オンス・10デニール・パーテックス・クアンタム・リップストップ・ナイロン100%。
  • インサレーション:プルマフィル・リサイクル・ポリエステル100%。
  • 重量:264 g

サイズ感

筆者はSサイズを購入。

身長170センチ61キロの標準的体型で、Sサイズがジャストサイズ。

始めて袖を通したときはきつく感じましたが、しばらく着ていくうちに伸びてきたのか今では余裕があります。

インナーに厚手のものを着るとタイトな印象になります。


袖は少し長めだけど袖口が伸縮するので問題無し。

パタゴニア マイクロパフフーディの感想

マイクロパフ・シリーズが廃盤になるのは残念。

マイクロパフ表面のツヤ感のある生地はナノパフより高見えして、街着としてカッコ良くさえ見えました。

テトリスのようなブロックステッチも差別化され好ましい。


そして軽くて暖かいこと。

下にフリースを着れば真冬でも十分に暖かい。それに少しの雨・雪ならヘッチャラで濡れても保温力は落ちない。

こんな素晴らしいパタゴニアのジャケット(価格を除けば)、数年後には復刻してほしいものです。

それまで今のジャケットを大事に着ます。


あるいはナノパフ ジャケットを買うかもしれませんね。



そして更に、アウトドアギアを探すならこちらもどうぞ


追記

最近 パタゴニアで人気のシンチラパンツ フリースの記事を投稿しました。

こちらもお読みいただけたらと思います。

タイトルとURLをコピーしました