落としても安心なスマホケースはSpigenラギッドアーマーかも

ガジェット

本日は落としてもスマホが割れにくい、壊れにくいスマホケース「Spigen」のラギッドアーマーをご紹介します。

ガラス面が割れたスマホを持っておられる方をよく見かけますが、皆様はスマホケースは付けておられますか?「ケース代が勿体無い」とか「面倒くさい」とか、「握りにくい」「カッコ悪い」とかの様々な理由で付けておられない方も多いと思います。

この度ご紹介しますSpigenのラギッドアーマー・スマホケースは、小生がこれまで所有のスマートフォンでずっと使用して未だかつてスマホを落としても壊れたことがないと言った実践を踏まえまして、iPhone12用ラギッドアーマーの説明を致します。

スポンサーリンク

Spigenのラギッドアーマーとは

ラギッドアーマーはスマートフォン・アクセサリーで有名なSpigen社製のスマホケースです。Spigenの商品の多数はAmazonで購入ができます。
Spigenは様々なスマホケースを販売しておりますが、今回は衝撃吸収性の高いシリーズ「ラギッドアーマー」の紹介です。

ラギッドアーマーは堅牢な作りのソフトケースで四隅を厚手のTPU樹脂素材のエアクッションで衝撃吸収するのが特徴です。ラギッドアーマーはSpigenの代表的スマホケースとして各スマートフォンに対応し長く愛され続けているケースの一つです。

小生も「iPhone5S」「Google Nexus」「iPhone8Max」「iPhone12ProMax」用と使用しており大変満足しております。

背面に丸い穴があるデザインが特徴ですね。

TPU素材

ラギッドアーマー本体はTPU樹脂製。TPUとは「熱可塑性ポリウレタン」のことで一般的にはウレタン樹脂とも言われているプラスチックの一種です。

スマホケースには一般的にシリコン素材とTPU素材の商品があります。シリコンは柔らかく弾力性があり握りやすいのですが、埃が付きやすかったり経年劣化で変色等しやすくなっています。
TPUは堅く頑丈で埃はつきにくい素材ですが、厚手でどうして無骨なデザインになるためお洒落なスマホケースには不向きです。

この様にスマホケースにはデザインや使用用途によって素材を選ぶことで必要なスマホケースを選ぶことができます。

四隅のエアクッションで衝撃吸収

ラギッドアーマーは落下時の衝撃を効率よく吸収するための4隅にエアクッションが付いています。
これはケース周りよりフチが厚手に出来ているので角落ちしても端末への衝撃を最小限に抑えてくれるのだと思います。

内側のクモの巣状加工


ケース内側にはスマホへの衝撃を効率よく逃がすためにクモの巣状の模様があります。

米軍軍事規格(Military Grade)

米軍MIL規格取得。
SpigenのメーカーサイトにはMIL-STD 810G-516.6規格に則り米軍軍事規格をクリアしたとの表示あり。

男性ならこのMILスペックが気になる方も多いはず。何はともあれ落として大丈夫っていう証明なのでしょう。

カメラ周りや着脱も安心

正面の液晶画面とカメラレンズ周りはフチが高く設計してあるので、スマホを置いた時にも傷から保護されます。また端末にぴったりフィットし使用時に外れたりグラグラと動くこともありませんでした。

ラギッドアーマーはスマホを落としても割れなかった

このSpigenのラギッドアーマを使用してから、何度もスマホの落下を経験しましたが本体が凹んだり壊れたりしたことは幸いにも一度もありません。

落下の原因は鞄やズボンのポケットからスマホを取り出す時と写真を取る時が多かったでしょうか。

スマホの画面が割れたままの方もいらっしゃいますが、社会人になり一定の年齢になりますと社会的地位も上がってまいりますので、スマホは傷がなく綺麗にしておかれた方がお洒落に見えると思います。

それとガラスフィルムも合わせて貼られますと尚更スマホの傷が付きにくくなりますね。

タイトルとURLをコピーしました