Ankerの【折りたたみプラグ式】モバイルバッテリーのレビュー

家電

モバイルバッテリーといえばAmazonでも様々な機種が出品されているAnker(アンカー)。

最近購入しましたAnkerの「折りたたみプラグ」式モバイルバッテリーが大変優れておりましたので、今回はその「PowerCore Fusion5000」についてのレビューです。

スポンサーリンク

Ankerのモバイルバッテリーを購入


スマートフォンは毎年新機種がでてきますが価格も高騰しています。

中華系のスマホは確かに安いのですが仕事でも安全に使うのならiPhoneかなって思います。


スマホも2年以上使うことになるとバッテリーも弱くなり、一日持たないこともありますので携帯モバイルバッテリーは必需品です。


筆者がおすすめなのは、電源プラグが折り畳み式のもの。

Ankerの「PowerCore Fusion5000」が良いと思いAmazonで注文しました。

スポンサーリンク

Ankerのプラグ折り畳み式モバイルバッテリーの良いところ


AnkerのPowerCore Fusion 5000は充電式バッテリーで、トラベルポーチ、取扱説明書付き。

18ヶ月保証のカスタマーサポートがついています。


筆者は過去様々なモバイルバッテリーを購入しましたが、このPowerCore Fusion 5000が一番使いやすくお勧め。

その理由を説明します。

サイズが小さい

製品の寸法は約72 x 70 x 31 (mm)で、iPhone5SEの1/3程度の大きさですが厚みは倍以上あります。

バッグの中に入れていても邪魔にならないサイズが良い。

意外と軽い

製品の重量は189グラム。

意外と軽めでしょう。出張や旅行に持参しても苦にならない重さ。

バッテリー容量が大きい


モバイルバッテリーを折角買っても充電容量が小さいと使い物になりません。

Anker/PowerCore Fusion 5000のバッテリー容量は 5000mAh。

iPhoneXsなら1.9回、Xperia XZsなら1.2回分充電できるみたいです。

一台で充電器とバッテリーを兼ねる


Anker/PowerCore Fusion 5000は1台で2役こなすハイブリッド充電器。


一台で充電器とバッテリーを兼ねます。


コンセントに指して充電し充電完了になったらそのままバッグに入れて持ち運びできます。


不要な荷物が少なくなって大助かりです。

プラグが折り畳みできる


コンセントに指すときはプラグを出して使い、モバイルバッテリーとして持ち運ぶときはプラグをたたみます。


これ本当に便利。


充電用のケーブルを別に用意しなくてもいいので仕事や旅行でが荷物も減らせるし、ケーブルを紛失して充電できないって心配もなくなります。

18ヶ月保証


中華系の商品の心配は、「買ってすぐに壊れるんじゃないか?」「安かろう悪かろう」なんてことがあります。


このアンカーのバッテリーの保証は18か月。

一般的に中華系のモバイルバッテリーの充電回数は1000回程度のと言われています。(違ったらすみません)


一年365日毎日充電しても2.5年もつ計算です。


販売価格はおよそ3000円ぐらいなので費用対効果は十分かつ実用的な範囲でしょう。

2台同時に充電できる


2ポートUSBで急速充電器です。

出力はAC使用時 5V=2.1A (最大合計x2.1A) / バッテリー使用時 5V=3A (最大合計3A)です。


スマホ2台とかiPhoneとiPadも同時充電できます。でも充電中は本体は少し熱くなります。

急速充電で早い

Anker独自技術のPowerIQとVoltageBoostによりあらゆるUSB機器にフルスピード充電が可能です。

Qualcomm Quick Chargeには対応していません。

LEDインジケーターで充電容量がわかる

本体側面に3つのブルーのLEDインジケータが光って充電容量がわかります。

これも便利な機能です。

携帯ポーチが付属


バッテリー本体を入れるポーチがついています。

バックに入れるとき本体や周りのものに傷がつくのを防ぎます。何気に嬉しい。

まとめ

当記事は「Ankerの【折りたたみプラグ式】モバイルバッテリーのレビュー」というテーマについて書きました。


以前はモバイルバッテリーはSONYとか日本のメーカーも多くあったのですが、今では中華系に席巻されています。

安い中華系モバイルバッテリーの中でもAnkerは少し高い価格帯になりますが、安心と安全が担保されるのであればこのくらいは問題ありません。

家電
スポンサーリンク
安来土岐をフォローする
スポンサーリンク
おじどきブログ