穴無しベルトの仕組み|オートロック式ベルトはどーなってる?

洋服

べルトを買うたびに困っていました。長さの問題とベルト穴の問題です。長さをカット出来る物であればいいのですが、長さ調整が出来ないベルトはwebshopでの購入は尻込みしてしまいます。

そんな中、アマゾンでおよそ2000円の本革ベルトを見つけました。それもオートロック式の穴無しベルトです。

スポンサーリンク

オートロック式ベルトを購入

ベルトをネットで注文した翌日に郵便受けに入っていました。


しっかり「Made In China」の文字。


箱を開けると英語の説明文と商品が入っています。


ベルトは少し質感の低い包装袋に


袋から取り出すとバックルとベルト本体がビニール袋に入っています。

スポンサーリンク

穴無しベルトの仕組み

このベルトの長さは1.2メートルあるので、まず自分のウェスト周りに合わせて長さを調整する必要があります。

ベルトを一度バックルに取付け、ズボンのベルトループに通して好みの長さにカットします。


ベルトと金具は裏側にある固定爪を起こし、ベルトを入れてしめれば終了です。

一般のものとそう変わりはありません。



この穴無しベルトの特徴である「オートロック」ですが、裏側にプラスチックのギザギザの溝とバックルの出っ張りが嚙み合いベルトを固定する仕組みです。


解除の方法はバックルの下にある金具を動かすとベルトを緩めることが出来ます。

ただコツがいるようで実際自分は少し手間取る感じです。


バックルの質感はシルバー塗装で重量があり仕上げは良いと思います。

ベルトの革はツヤがあり上質(だと思います)。カーフ革の柔らかさもちょうどよく高級感があり締め心地もいいと思いました。


但し、ベルト幅が少し広い(3.5センチなので)。

3センチぐらいが自分には丁度いいのですが欧米人であればこのくらいなのかなと思います。

【PR】Dcollection

使用した感想


先にも書きましたがバックルとベルト幅がもう少し細いタイプが欲しかったのですが、アマゾンで調べた結果オートロック式のベルトはほとんど同じ幅でした。

無断階で調整できるオートロック式の穴無しベルトを初めての使ったのですが使い心地はとてもいいです。

結果、価格からして価格以上の商品だと思います。


ただ何本も欲しいかと言われれば、一本あれば十分という気持ちにもなるところも難しい判断かと思います。

色違いでもう一本注文するかどうかはしばらくは様子見ですか。

洋服
スポンサーリンク
安来土岐をフォローする
スポンサーリンク
おじどきブログ