シニアにピッタリのiPadはmini 5がおススメです

ガジェット

アップルより新しいiPad mini 5が発売されたので購入してみました。当家ではiPadはパソコンに疎い奥さんが主に使っているのですが、この度のiPad mini 5は自分用とします。当方はオヤジ=シニアなのでその目線から使う目的を説明します。

スポンサーリンク

おじさんはなぜのiPad mini 5を買ったのか?

シニアである筆者がなぜiPad mini 5を買ったかと言うと、外出時(日々の外出、買い物、外食、旅行など)にどんどんiPadを持って行きたかったからです。外で地図やインターネットを使って調べたり、移動時の時間つぶしにはiPadの画面では大き過ぎるし、iPhoneだと小さ過ぎたからです。

たまに電車で大きなiPadを見ている方を見受けますが、隣の人に画面が丸見えです。これはちょっと気恥ずかしいかもしれません。またそれなりの大きさで入れるための鞄が大きくなったり、重くなることもあります。シニアの外出は手軽の方がいいですからね。

サイズ感

mini 5の魅力的ななんといってもそのサイズでしょう。

203 幅は135mm、高さは203㎜、厚さは6.1㎜、重量は300グラムでコンパクトで軽量です。

現在使っている旧ipad Proと比べると2周り近く小さいのがわかるかと思います。

これぐらいが丁度いいかも。

片手で持てる重さ

mini 5は300グラムと軽いのです片手でも持てる幅です。実際左手だけで持っても負担にはなりませんがシニアだとそれ程長く持つと疲れるのは同じです。

また、筆者はカバー付けてしまったので少し重くなってしましました。

乗り物内で使う

それでは筆者の外出時の使い方ですが、通勤電車の中以外だと新幹線の中で使います。

新幹線で使う

まず旅行やたまの出張中に新幹線内で使います。

新幹線のテーブルを倒してmini 5を置くと手軽なシアターに早変わり。NETFLIXやプライムビデオで映画をダウンロードしておけば東京~大阪間なんて映画を見ているだけであっという間に着いてしまいます。

音声はブルートゥースでワイヤレスイヤホンに飛ばせばケーブルも邪魔にはなりません。ワイヤレスイヤホンを持ってない方でも、iPadはいPhoneとは違ってイヤホンジャックがあるので差して使用することができます。

空港や飛行機で使う

空港や飛行機内でもmini 5は便利に使えます。

搭乗ロビーで待っているときもサッと取り出して使えます。

訪問地の観光名所、天気、食事処、お土産などを飛行機を待っている時間を使って調べたり確認できたりと重宝します。

本を読む

mini 5は本や雑誌も読めます。

以前はキンドルとiPad Proを両方持ち運んでいたのですがやはり重くて。 mini5を買ってからはキンドルは子供にあげてしまいました。

画面は綺麗だし、カラーだし。読書はこれで十分かもしれません。

ペンで記録する

「ペンで書ける」このことがmini 5の最大限売りの一つでもあります。アップルペンシルは1世代のものは持っていたので簡単なメモや記録はできます。絵だってかけます(書きませんが)。

兎に角多機能なのはうれしいです。

しかしこのアップルペンシルの充電はいただけません。タブレット下部のライトニングジャックに指して充電するのですが多くの人が言っているように「カッコ悪い」です。(でも最初に発売されたときはみんなが称賛していましたが)

旧iPad Proとアップルペンシルの記事はこちらです。

iPad Proを使ってデザインすると仕事がとても捗った
本日発売された新型iPad『9.7インチiPad Pro』を勢いで買ってしまいました。予約時にiPad+smart keyboard を注文したのですが、発売当時キーボードの入荷台数が極端に少なくて、手元に入ったのが4月17日。な...

まとめ

そんなこんなでシニアにピッタリのiPad mini 5ですが、最大使用時間は10時間あるのでほぼ一日中バッテリーは持ちます。大き過ぎず小さすぎず。当面2年ぐらいは使いたいと思っております。

タイトルとURLをコピーしました