曲がった多肉植物【黒法師】の茎を切って増やしてみよう

ライフスタイル

ベランダに放置された多肉植物の「黒法師」が冬に寒さで曲がってしまい見苦しいので切って増やすことは出来ないかと思い休日に作業しました。ベランダには黒法師の他に「金のなる木」「アロエ」などがどれも放置状態で成り行きに任せた状態になっています。

黒法師は年中ベランダに放置してあり、水もやったりやらなかったり。そんな手間がかからない黒法師を久々にメンテナンスをしてみました。

スポンサーリンク

多肉植物【黒法師】とは

多肉植物のなかでも黒法師はとても好きな植物です。花のように見えるのは葉でそれもツヤがある黒色。日光に当てると黒く、当てないと緑色になります。

因みに「黒法師」は冬型の多肉植物で寒いときに成長し、暑い夏には成長を止めます。植え替え時期は4月~5月、10月~11月がいいと思いますので今の時期なら問題ないですね。

多肉植物【黒法師】の増やし方

多肉植物【黒法師】の増やし方は簡単に言えば伸びた茎を切って土に挿すだけといった簡単なものです。

冬の寒さで曲がった茎をバッサリとカット。

茎は捨てずに8㎝ずつ切っていきます。

この茎を挿し木にして増やしていこうと思います。

あとは土に挿すだけ。

土はサボテンや多肉植物の土がいいと思いますが当方はそれ程気にしません。余っていた鉢に適当に。

生け花のように様々な角度から良く見える位置に茎を植えていきます。

本来であれば切った茎を2週間程度乾燥させてから挿す方が良いようですが、まあ大丈夫でしょう。

多肉植物【黒法師】の置き場所

植替え後は日光が当たらない涼しい場所で保管です。水もやらなくていいそうです。

数か月すると可愛らしい芽ができると思います。

そうしたら鉢を選んで植替えたいものです。

以前にも多肉植物の寄せ植え鉢の植替え記事をUPしています。

こちらも記事もお読みください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました