無印良品のメンズダウンベストのサイズ感と口コミとコーデを紹介する

洋服

ユニクロの購買層は老若男女問わずといった様子で年配のおじさんも多く見受けられますが、無印良品は比較的若い方のカジュアルウェアとしてアイテムやデザイン構成がなされています。

それとメンズよりレディースの洋服が多いように思うのですが・・。


筆者は50代の男性ですが無印良品をおしゃれに着こなせるのか? おじさんでも着ていいのか?

と言った悩みを持ちつつ『襟無しノーカラーのメンズダウンベスト』を購入したので、そのサイズ感やコーデについてレビューします。

この記事はこのような人が読んでいます
・春先まで使えるダウンベストがほしい
・ダウンベストで無印良品かユニクロかで迷っている
・無印良品の商品が好き
スポンサーリンク

無印良品のノーカラーダウンベストの詳細


無印良品の襟無し『軽量 ポケッタブルノーカラーダウンベスト』は11月に購入していましたが、ご紹介が遅くなってしまいました。


襟無しダウンベストはユニクロと無印良品で同じような価格帯、デザインでどちらを買うべきか悩むところですが、無印良品はオーストラリア産のフィルパワー750ダウン採用とはっきりとダウン(羽毛)の性能を表記しているのでユニクロより品質が高いのではないでしょうか。

自信があるのですね。


ダウンはこのフィルパワーの数値で品質がわかるので、当然数値が大きいほど性能が高いことを証明しています。


ちなみにBEAMS/モンベルのダウンは800フィルパワーもあったので無印良品より高性能なダウンと言えます。


この無印良品のノーカラーダウンベストはインナーダウンの入っているダウン量は少なめですが、モコモコとかさばらずジャケットのインナーやシャツやパーカーの上に羽織る感じでコーディネートの幅が広がる優れものです。

そしてコートやダウンジャケットを着ないちょとだけ寒い春先まで使えるのが嬉しいですね。


2021-2022モデルではメンズカラーは「黒」「ダークグレー」「ダークネイビー」「スモーキーブラウン」「ダークブラウン」の5色展開ですが、筆者はユニクロ ウルトラライトダウンとの違いを出すために「ダークグレー」を購入しました。


ユニクロって思われたくないので。


ユニクロと比べて表面生地はそれ程の差はないのですが、着心地として無印良品はゆったりと、ユニクロはウェストがシェイプしてあるように感じました。

スポンサーリンク

無印ダウンベストのコーデ


白いシャツに黒色ベストっていうミニマルなコーディネートも良いのですが、無印良品製のウェアなので控えめなコーディネートをしています。


基本的にベストと同系色のシャツを選んでレイヤード。

ブルーのシャツなら、グレーやネイビー系、ベージュカラーならブラウン系のダウンを選べば間違いなし。



ジャケットインナーにベストを着るときもカラーコーデは同じですね。

それと筆者だと素材感を大事にしています。

無印のダウンベストはシャリシャリなナイロン生地なのでコットンなどのラギットなモノに合わせていることが多いです。


今回はおじさんコーデなので少し野暮ったい感のほうがいい。

但し清潔感は維持してください。

無印良品のダウンベストのサイズ感


無印良品のダウンベストのサイズ感についても書いておきます。


身長は170センチ、体重は62キロの筆者が購入したのはLサイズです。


無印良品の洋服サイズはユニクロと違ってワンサイズ小さいように思う。

平然ユニクロだとMサイズのところ、無印良品だとLサイズって具合にね。


サイズ表をみればおおよその検討はつきます。

着丈肩幅胸囲
S603998
M6240.5103.0
L6442108
XL6745116
無印良品「ポケッタブルノーカラーダウンベスト」サイズ表

口コミ


Twitterでは無印良品のダウンベストのツイートはあまり見つけらませんでした。

人気がないのかな?

まとめ

当記事は「無印良品のメンズダウンベストのサイズ感と口コミとコーデを紹介する」という欲張ったテーマについて書きました。


初秋から春先まで何かと重宝するダウンベスト。

無印なら3000円を切る2980円。この価格なら気負わなくても買えるので持っていても損はない。使わないときはコンパクトに畳めるので場所も取らないのでよろし。

タイトルとURLをコピーしました