スニーカーランドリーを使って靴洗いを楽しよう

ライフスタイル

汚れたスニーカーの洗濯は皆さんどうされていますか。実は最近注目されていますコインランドリー内にあるスニーカー洗濯専用機「スニーカーランドリー」なるものがあります。スニーカーランドリーは汚れたスニーカーを機械に入れてコインを入れるだけで洗濯・乾燥ができる優れもの。

そこで今回は先日初めて使ってみた「スニーカーランドリー」についてご紹介致します。

スポンサーリンク

スニーカーランドリーとは

一般の洋服用のコインランドリーのように機械に最大2足のスニーカーを入れるだけで簡単にす早く洗ってくれ、その場で乾燥もできる「スニーカーランドリー」を使って実際に洗ってみました。

機械自体はシンプルで下部が洗濯機で上部が乾燥機と独立しています。

それぞれ別に使用することができ、靴洗いをしながら別の靴を乾燥することもできます。

料金

使用したスニーカーランドリーの料金は、洗濯槽が20分/200円。乾燥機は20分/100円となっております。

最大4足(子供用の場合4足、大人用の場合は2足)のスニーカーが洗濯できます。

合計300円の出費、40分の時間でスニーカーが洗え乾燥ができます。

ちなみに専用洗剤が洗濯機から出てきますので洗剤を持っていく必要はありません。

スニーカーランドリーの使い方

それでは実際に子供の汚れたスニーカーを洗濯したいと思います。

洗濯機の手順

洗濯の手順を説明します。

  1. スニーカーの靴ひもを取っておく
  2. 200円を投入する
  3. 10秒以内に「洗濯槽シャワーボタン」を押し洗濯槽を30秒間水洗い
  4. フタを開け靴を入れる
  5. 靴底を外側に向け立てるように靴を入れるのがポイント
  6. フタを閉める
  7. 洗剤と水が出て洗い始める
  8. 洗い上がるのを待ち20分たったら靴を取り出す

今回初めてスニーカーランドリーを使ってみたのですが、靴が傷んだり余り汚れが落ちないんじゃないかと心配だったのですが靴も傷まず汚れも綺麗になっておりました。一安心。

乾燥機の手順

洗濯が終わったので乾燥も引き続きしたいと思います。乾燥をせずにそのまま持ち帰って自宅で乾燥もOKです。料金は100円と安いのですが、また20分待たなければいけないので天気が良い季節などは自宅のベランダで干すのも有りです。(20分待つの嫌でしょ)

  1. 乾燥機のフタを開け靴をセット
  2. 100円硬貨を投入
  3. 乾燥がスタート
  4. 20分待ったら終了

庫内には4本の温風が出てくる棒があり、靴を奥まで差し込むのがポイントです。

こちらのスニーカーランドリーは厚手のスニーカーも乾燥できるそうですが、厚い分だけ乾くのも時間がかかります。

乾燥時間の目安

  • 化繊のスニーカー:約20分
  • 綿のスニーカー:約40分
  • 子供用の化繊のシューズ:15分
  • (メーカー表記)

小生は乾燥20分で少し乾いていない箇所もあるていどだったので、持ち帰って日陰で干しました。問題無し!

良かった点・注意点

スニーカーを洗うのって大変ですよね。特に男の子が何人もいるご家庭だとすぐに泥や土埃で汚してきます。それを手で何足もゴシゴシと洗うのは時間もかかりますし、お風呂などでしゃがんだ状態で洗いますと腰も痛くなってきて意外と重労働になります。

良かった点

スニーカーランドリーを使って良かった点は家事の軽減です。

コインランドリーまで持って行く手間はかかりますが、機械に靴を入れるだけで洗濯・乾燥ができます。時間があるときは自宅で丁寧に洗うのも宜しいかと思いますが、スニーカーランドリーを使って時間短縮・家事軽減するのも素敵です。

またコインランドリーなら天気に左右されることもないので、雨の日でも靴洗いができるのもメリットです。

注意点

注意点もあります。

それは値段高めのスニーカーには向きません。

洗濯機の真ん中に黄色の巨大なブラシが回転して洗うのですが、お気に入りスニーカーではそのブラシで靴の表面を痛める恐れがありますのであくまでも日常使いの靴が対象となります。

外側は綺麗になりますがインソール洗いを気になされる方は外して手洗いして頂いた方が宜しいかもしれません。

まとめ

スニーカー洗いは手間がかかるのでついつい疎かにしがちですが、このスニーカーランドリーならご主人が休みの日に子供を連れて靴洗いに行ってくれるかもしれませんね。

スニーカーランドリーが置いてあるコインランドリーはまだまだ少ないかもしれませんが、コインランドリーのホームページ等を検索して探してみてください。

我が家の子供たちは皆大きくなってしまいましたが、当時このスニーカーランドリーがあったら靴洗いは小生の担当にきっとなっていたことでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました