VANSのレトロ定番スニーカー!「オーセンティック」のサイズ感とレビュー

ナイキやニューバランスの最新スニーカーも好きだけVANSやコンバースのローテクスニーカーも気になるところ。

ローテクスニーカーの定番ブランドといえばまずは『ヴァンズ』ですよね。


その中でも『AUTHENTIC(オーセンティック)』はVANS設立時の歴史的モデルです。

今回はVANSの「オーセンティック」の商品レビューやサイズ感、実際に使ってみた感想なども紹介していきます。

スポンサーリンク

VANSについて

まずはVANSの紹介から。

VANSは世界一のスケートボードシューズのメーカーであることは誰もが知っています。

1966年創業のVansはVanDorenRubber Companyとしてカリフォルニア州アナハイムでスタートしました。

Van Doren Rubberは、滑りやすいラバーソールを備えたキャンバスデッキシューズの製造を専門としています。

Vansの由来は創業者のVANらが発した“Let’s head over to Van’s and grab shoes” 「Vanと一緒に靴を手に入れよう」と言う言葉からきています。

スポンサーリンク

VANSのAUTHENTIC(オーセンティック)とは?


VANSのクラシックラインの代表モデルと言えばAuthentic(オーセンティック)。

これは外せない。


1966年VANS設立時最初に登場したのがこの「Authentic(オーセンティック)」。

カリフォルニア州アナハイムで生まれたAuthenticは元々VANS#44デッキシューズとして知られていました。(VANSのスニーカーは番号だったのです)


発売後すぐにカルトのアイコンになった「オーセンティック」は、シンプルなロートップのレースアッププロファイルで構築されたシューズで、頑丈なキャンバスアッパー、メタルアイレット、シグネチャーラバーワッフルアウトソールを備えています。


今のスニカーと比べたらペラペラと薄い生地が特徴でコンバースの「ALL STAR」に通じるものがあります。

「ALL STAR」は外羽式だけど「AUTHENTIC」は内羽根式と見た目は違う。


またVANSといえば波柄サイドストライプの「オールドスクール」が有名ですが、これはどうもボーイズスタイルなので大人の男性には少し気恥ずかしい。

という訳でレトロ定番の「オーセンティック」がおじさんコーデには合わせやすいでしょう。

AUTHENTIC(オーセンティック)のNAVYを購入しました!


先日AUTHENTIC(オーセンティック)のNAVYを購入致しました。

筆者にとって「オーセンティック」はスケボーシューズではなくデッキシューズと考えています。

春~夏には軽い履き心地のデッキシューズを履きたくなるもの。

そこで「NAVY(ネイビー)」色を購入しました。


NAVYというと『濃紺』を想像するかもしれませんが、このオーセンティックのネイビーカラーは、水色に近いネイビーです。

パステルカラーに近くもあり、またシャンブレーのようなくすんだユーズド感のある色目になります。


この色ととても好きだ。

マリンスタイルにマッチすることは当然にアウトドアスタイルのタウンファッションにも合わせやすい。

別ブログでも書きますがパタゴニアの「アウトドア・エブリデイ・パンツ」の写真で使われていたスニーカーがVANS「オーセンティック」だったのも購入動機に。

VANSのオーセンティックはどこで買えばいい?


VANSのオーセンティックはどこで買えばいいかって?

ABCマート?通販?

VANSといえばABCマートで買うのが一般的かな。

他の靴屋では見かけないし。


国内ではABCマートがVANS販売権を得ているのでABCマートでしか買えないとか。

Amazonや楽天でのwebshopでは「並行輸入」や「アメリカ企画」のVANSのスニーカーはいくらでも買えます。

これってどちらがいいのでしょうか?

偽物はないのか?

違いは?

ABCマートのVANSの靴はどうもABCオリジナル品。アメリカVANSから輸入して販売しているわけではなく自社製品。

なので、アメリカ企画(並行輸入)のオーセンティックのアッパーの素材は「綿」ですが、ABCマートの方は「合成繊維」の表記になっています。

合成繊維の方が耐久性があって汚れが付きにくいので靴のためにはいいのでは?でも色落ちなのどの経年劣化は望めない?


それと違うのは縫製。

ABCマートの方はステッチが均等で綺麗な縫い目ですが、アメリカ企画(並行輸入)品はステッチが曲がっていたり不揃いの商品も中には見受けられる。

このことも悩む原因になる。

価格は?

ABCマート/楽天ともほぼ同じ価格帯の6,000円前後(ABCマート定価6,050円/2022年4月時)

価格の違いはさほどありません。

米国では「オーセンティック」は$55で販売されています(1ドル130円換算だと7150円)。


結局どちらがいいかって?

国内品、並行輸入品で素材や靴幅が違ったりと細かな違いがありますが今後は円安の影響で輸入品の価格が上がるのではないでしょうか。

本物を求めるならUSA企画、安心・気軽に買うならABCマートで購入をしたほうが良いでしょう。

ABCマートだとセールもあるし。

実際筆者もセール特価で4000円台で購入しました。

また実店舗なら試し履きや取り寄せもできるので便利です。

VANSのオーセンティックのサイズ感は?


VANSのオーセンティックは昔のスニカーという事と、生地が薄いのでナイキやアディダスのスニーカーサイズと同じというわけはいきません。

また靴下有り無しでその履き心地、サイズ感も違ってきます。


筆者が実際に購入した「オーセンティック」のサイズ感を説明しますと、普段のビジネス靴のサイズは25.5㎝を履きニューバランス/ナイキのスニーカーだと27㎝を履きますがこの「オーセンティック」は26.5㎝を選びました。

27㎝の物も履いてみたのですが厚手の靴下を履いたときは丁度良かったのですが、裸足だと靴の中で足が踊ってしまい歩くときもカポカポと脱げそうにもなりました。


履き心地についてはつま先に向けて細く、また甲が薄くなっているので普通のスニーカーより履き心地は悪い。またクッション性も低く道の凸凹を足の裏で感じてしまいます。

レトロな靴なのでそこは割り切りましょう。

アナハイムコレクション 44DX

VANSの「オーセンティック」にはアナハイムファクトリーコレクションというシリーズがあります。VANS創業当時のアナハイム工場で製造されていた仕様の復刻コレクションなんです。

「アナハイムファクトリーオーセンティック44DX」はVansのオリジナルのメーカーとモデルから得られたユニークなデザインの継承しながらシルエットを再構築しました。

カリフォルニア州アナハイムにある最初のVansファクトリーに敬意を表して、オリジナルのスタイルナンバー、光沢のあるフォックステープ、オリジナルのドリルライニングウェイト、コットンレースなどのスローバックのディテールに仕上がっています。

このクラシックなレースアップシューズは、オリジナルのカラーウェイでヴィンテージ風のソリッドキャンバスアッパーを備えています。

ぱっと見は標準の「オーセンティック」と見分けがつきにくいですが後ろの4本ステッチを見れば直ぐに44DXとわかるはずです。

まとめ

60歳で初めてVANSを購入しました。

革靴は重量があるもの、スニーカーは軽量で快適な靴が大好きです。

スニーカー愛好家の皆さんやお若い方であればVANSは既にお持ちだと思いますが、様々なファッショントレンドが出てくる中でも『アメカジ』『レトロ系アウトドアファッション』がお好きな方であればこのオーセンティックをお勧めします。

決してダサいことはありません。

ダサいのは商品ではなくセンス。

タイトルとURLをコピーしました