オートミールの代表的ブランド「クウェーカー」リピートする?しない?

食事

最近ではオートミールを朝食に食べることにしています。似たような食品でシリアルもありますが甘さが苦手な方やダイエットを目指す方はオートミールの方が宜しいかと思います。

オートミールは海外では一般的な朝食として食べられていますが、アスリートの方などにも愛用されており健康にとても良い食品なんです。

そんなオートミールの代表的ブランド『クウェーカー』は安くて量が多いとAmazonでも評判です。今回は小生おすすめのオートミール『クウェーカー』をご紹介します。

スポンサーリンク

オートミールとは

まずはオートミールの説明からいたしましょう。

オートミールとはオーツ麦(えん麦)を押しつぶしたりして食べやすくした食品です。元々オーツ麦にはビタミンB1や鉄分などのミネラルが豊富に含まれ栄養バランスの優れた⾷品です。

また植物性たんぱく質が精白⽶よりも多く含まれておりでんぷん質は少な目です。そして食物繊維も豊富なため腹持ちもよくダイエット食として適当です。

近年では『炭水化物ダイエット』などとご飯やパン類を控えてダイエットすると言った方法もあり、小生の実体験ではご飯類(白米)の食べる量を減らすとみるみるうちに体重が2㎏程度減ってきました。炭水化物は消化されると糖分に代わりますからこれは説得力があります。

因みに『シリアル』とは穀類を加熱調理した加工食品のことで、コーンフレークなどが一般的です。

オートミールと言えばクエーカー

オートミールの代表的ブランドと言えば『クウェーカー』。

クウェーカーのオートミールは何だか古めかしいオジサンの絵のパッケージで有名でカルディなどの輸入食料品店で売られています。

小生お気に入りのオートミールの一つで大概はコストコかAmazonで購入しております。

クウェーカー(クウェーカー・オーツ)は1877年に朝食用シリアルとして初めて「クエーカーの服を着た男の姿」の商標として米国特許庁に登録されました。

クウェーカーは現在でもオートミールの代表的ブランドとして多数の商品を製造販売しています。

クエーカーのオールドファッションオートミール

そのようなオートミールですが意外とお高いのも実情です。金額を気にせず食べたいって方にお勧めなのがクエーカー オールドファッションオートミールです。

購入先

このアメリカンサイズのオートミールはコストコで輸入販売されていますが、Amazonなどのネットでも販売されているいますので気軽に全国どこでも手に入れることができます。

価格

小生はAmazonで取り寄せています。コストコの会員期限が切れてしまったのでコストコには行っていません。年間費もかかりますしね!

Amazonだと1.2kg 1缶でおよそ価格1,200円。最近では100gあたり100円になっているのでAmazonでも別段安くはなくなりました。またコストコに行きましょうか?

クウェーカーのオートミールは外国産オートミールの特徴と同様で少し固めで青臭いオートミール臭さがあります。オートミールを食べなれていない方はまずまずいと思うでしょう。

基本的に朝食として牛乳をかけて食べていますが別段ドライフルーツやナッツが入っているわけでもないのでパサパサとした食感です。健康・ダイエットのために食べる精進料理と思って食べています。

賞味期限

Amazonで購入したクエーカー オールドファッションオートミールの賞味期限はおよそ1年でした。基本的に2か月で食べきれますし、ちょっとした備蓄品食料になるかもしれませんが、そのままで食べるのは困難なためやはり日常食としときます。

栄養素

クエーカー オールドファッションオートミールの栄養素の説明。

下記は1食分40gあたりの数値となります。

  • 熱量 148Kcal
  • たんぱく質 6.1g
  • 脂質 3.4g
  • 炭水化物 25.2g
  • 糖質 21.2g
  • 食物繊維 4g
  • 鉄 1.8mg
  • マグネシウム 41.6mg
  • 亜鉛 1.0mg

まとめ

結論からして、クエーカー オールドファッションオートミールのリピート購入は当分しないつもりです。オートミール食につきましては大変満足いくものですが、やはり美味しくないとね。

オートミールを使った料理を検索すればいくらでも出てきて美味しい料理になるかもしれませんが、手軽に食せるダイエット食・健康食としたら、やはりドライフルーツやナッツ入りのそのまま食べておししいオートミールがいいですね。また残留農薬等についてクウェーカ―のオートミールも安全性をうたっていますが、更に気になる方はオーガニックタイプのオートミールをおすすめします。

食物繊維と栄養素たっぷりのオートミールでコレステロール値を更に下げてみたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました