コーデュロイジャケットのメンズコーデを考えてみる

洋服

秋になったら着たくなるのがコーデュロイのジャケットです。

最近ではユニクロなどでも販売させていて、毎年も注目される秋冬アウターになります。

このコーデュロイジャケットは昔から着続けられていて大人なら1着はもっている定番アイテムで、クラシックな装いながらコーディネートで今っぽく着こなすことも出来ます。

今回はコーデュロイジャケット コーデの簡単なポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

コーデュロイとは

コーデュロイとは生地の表面を毛羽立たせ、畝(うね)が入っている洋服生地のことを指します。

この毛羽立が保温性を高めるのに有効で実際にウールなどと比べても遜色ない暖かさ(それ以上と感じることも)です。

見た目にも温かく触るとしっとりとした感触があり、ペットを撫でているかのようなスベスベ良質なコーデュロイもあります。

茶色のコーデュロイジャケット

秋冬用の生地としてすっかり定着しましたコーデュロイ素材は主にコットンで、ブラシをかけた際に毛が起きて光沢が生まれるよう逆毛で縫製されています。

このコーデュロイの畝ですが幅が広いほどカジュアルな印象になり、狭いほどエレガントな印象になります。

この畝が特徴になり上品にこなれた雰囲気が演出できますので、大人の秋冬カジュアルスタイルに最適な素材です。

スポンサーリンク

コーデュロイジャケットはいつ着ればいい?

コーデュロイジャケットはいつ着るのが正しいのでしょうか?

小生の場合ですとやはり秋から初春の間でしょうね。

おおよそ10月中旬~12月上旬の間と2月下旬~3月上旬までぐらいでしょうか?

真冬でも大丈夫なのですが、コーデュロイジャケットはその上のコートなどを羽織ることはなく、単体で着用していくものと考えます。なので真冬ではジャケットのみだとやはり寒いでしょう。

最近では11月でも暖かい日がありますがおおよその場合出番はなく、やはり外気がひんやりとした春秋がコーデュロイジャケットが映える季節です。

枯葉が落ち始める頃が頃合いかと。

茶色のコーデュロイジャケットコーデ

それでは小生が15年間着ておりますコーデュロイジャケットを使ったりコーディネートを今風にご紹介します。

所有のジャケットは若かりし頃シップスで購入。カラーは当然に茶色です。

オジサンくさいなどと思われる方もいらっしゃいますが、当方はおじさんなので別段問題ありません。

コーデュロイジャケットは主に寒い季節に着ますので、茶系の暖色系が定番ですね。

茶色と言っても濃い・薄いがありますがコーデュロイ素材の光沢が映えるライトからミドルカラーものが好みであります。

コーデュロイジャケットを今風に着こなす方法として『定番ラギッドコーデ』が一番宜しいのではないでしょうか。ジャケットに合わせるパンツは落ち着いたきれいめなモノを選ぶのが原則です。

ラギッド+ジーンズ

少々野暮ったさを感じさせるコーデュロイも、色を合わせたり質感を合わせたりすることで今風な着こなしになります。

ミッドブラウンのジャケットなので、インナーには上着より濃いめのニットのポロシャツを着用。

スメドレーなどの質の良いニットポロならジャケットのラフさを軽減して格を上げてくれます。

茶色のコーデュロイジャケット

小生の場合は、アウトドア/カントリースタイルのコーディネートが多いのでジーパンを合わせることが多いです。

しかしながら、靴はやはりこれも質感の統一としてスウェード靴を合わせます。

インナーシャツと靴の色が合っているところがミソです。

メンズのコーデュロイジャケットのコーデ

ラギッド+ウールパンツ

もう少しトラッドとラギッドテイストをミックスさせてみます。

インナーにはダンガリーシャツ。この色落ちしたブルーがたまりませんね。

茶色とブルーのハーモニー。

茶色のコーデュロイジャケット

これだけだと野暮になりすぎますので、トラウザーズはインコテックスの定番グレーのウールパンツを持って来ています。そしてカーフ靴はJMウェストン。

上半身はアメリカンなんですが、下半身を良品でまとめてみました。トータルでフレンチに見えなくもない。

今年の冬はアメリカントラッドなテイストがトレンドらしいですが、昔ながらのアメトラスタイルでは昭和かよ!って思えたりもしますので、ここいらでイタリアやらフランスやらのファッションアイテムを組み合わせております。

メンズのコーデュロイジャケットのコーデ

基本的にファッションなんぞは今持っている洋服を如何に組み合わすかだけの作業ですが、やはり各自それぞれの年齢、ライフスタイルを考慮しながら好きなものを着るのが幸せなのです。

TPOは守らなければなりませんよ。

まとめ

コーデュロイジャケットは不思議と若い方には似合わず、年齢を積み重ねて初めてお洒落に見える洋服かもしれません。

お若い方でも簡単に大人っぽくまとまりますし、少し野暮ったい印象に見えるくらいが今どきではないでしょうか。

コーデュロイジャケットは冬暖かく、飽きが来ず、長く着れるパフォーマンスウェアだと思います。

なので安いコーデュロイよりもお値段高めで生地が柔らかく光沢があるものの方が、結果満足感も高くなるでしょう。

ビスネスもカジュアルスタイルでOKならコーデュロイジャケット、い一つ如何でしょうか?

タイトルとURLをコピーしました