FOUNDRY(ファウンドリー)のアップルパイのレビュー

食事

秋になりますと無性にアップルパイが食べたくなりまして、FOUNDRY(ファウンドリー)のアップルパイを新宿の京王百貨店にて購入しましたのでそのレビューです。

ファウンドリーはアップルパイが有名らしいのですが運営会社は㈱プレジィール。プレジィールは「グラマシーニューヨーク」「オードリー」「キース・マンハッタン」などのブランド菓子を扱う大手さんなんです。

スポンサーリンク

ファウンドリーのアップルパイは京王新宿店で買える

小生はおじさんのくせにケーキの類は大好きで主にフルーツ系のタルトが大好きであります。

女性の方は当然に甘味は大好きなことと思いますが、男性でも秋にはやはりほっこりする焼き菓子のアップルパイが食べたくなります。(9月にはしこたまモンブランを頂きましたが)

先日山手線に乗っていましたら「FOUNDRY」のロゴが入った紙袋を持たれた女性をお見受けしまして、早速検索しましたらアップルパイが有名なお菓子屋さんとのこと。

近くの京王百貨店新宿店にてアップルパイを購入いたしました。

FOUNDRY(ファウンドリー)のアップルパイをお土産に

アップルパイとはシロップでリンゴを煮詰めてオーブンで焼いたパイのことで小生の大好物です。

店先で家族分のアップルパイをお土産にするなんて「本当に良いオヤジだな」なんて考えながらレジでお金を払います。

FOUNDRY(ファウンドリー)のアップルパイの1カットの価格はおよそ500円。家族の分4個買いましたので2,000円そこらでした。

週末に家族で食事を済ませた後コーヒーを飲みながら食べるにはちょっとしたご褒美かな。

軽井沢店は冬の間は閉店しているようですが、そちらの店でも焼きたてのアップルパイを頂きたいものです。

FOUNDRY(ファウンドリー)のアップルパイの感想

家族で食べたファウンドリーのアップルパイの感想ですが、表面の網目上生地は艶やかでそれなりに香ばしく焼きあがっています。

中に詰められたカットされた林檎の量も思いの外多いと感じました。

林檎はシロップ漬けされていますが、どぎつい甘さではなく控えめで林檎の風味が損なわれてはいない様に思います。

ベースのパイ生地も表面は甘く、ベースはしっとり感とサクサク感でいい感じです。

あー、もう1カット食べたいと思わせるアップルパイ!ごちそうさまでした!!

食事
スポンサーリンク
安来土岐をフォローする
スポンサーリンク
おじどきブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました