大容量な筆箱ならリヒトラブがおすすめだと思う

ライフスタイル

今回ご紹介するのは『リヒトラブ』の筆箱です。

大容量の筆箱を探していますか?最近ではデジタル化で筆記用具はあまり必要がなくなってきましたが、やはりデザインや設計に携わる方であれば様々なペンを持ち歩きますので大きな筆箱は必須です。

筆者はリヒトラブの筆箱(ペンケース[ブックタイプ])を愛用していて、仕事柄様々なペンを持ち歩いているのですがリヒトラブの筆箱は男性が持っていても違和感もなく、逆にProっぽいデザインが気に入っております。

そこで今回はそのリヒトラブの筆箱について筆者の使い勝手をご紹介します。

スポンサーリンク

リヒトラブの筆箱をご紹介

リヒトラブにはたくさんの筆箱がありますが、今回紹介する筆箱はペンケース「ブックタイプ」A-7551。

価格は、1050円(消費税別)

大きさは、200mm × 50mm × 120mm

収納力は、ペン約12~14本程度入ります。

素材は、ポリエステル製

カラーは、4色展開(オレンジ、ライトグリーン、ブラウン、ブラック)

リヒトラブの筆箱は4色

小生が使っている色はブラックです。

表面はポリエステルで軽くて汚れ・傷がつきにくいと思います。黒字に赤の「lihit-lab」のロゴ付き。ミニマルデザインはユニセックスで大人が持っていて様になる外観です。

リヒトラブの筆箱

リヒトラブのペンケースここが便利

収納力

リヒトラブのブックタイプは圧倒的な収納力の筆箱ですが、もっとペンが入る「ブックタイプ・ダブル(ペン約25本収納可能)」や「ブックタイプ・トリプル(ペン約40本収納可能)」といったビッグサイズもあります。

グラフィック系でなければこのぐらいのサイズでも大きいくらい。

見開きでペンが探しやすい

この筆箱、見開き式だから目的のペンがすぐ見つかります。

自分は左側にボールペンやシャーペンを入れて、向かって右側には太めのサインペンと定規を入れています。

リヒトラブの筆箱はたくさんペンが入る

そしてアップルペンシルを。

そもそも2年前にこの筆箱を購入した動機も以前アップルペンシルを紛失してしまい、持ち運びにはきちんとペンケース・筆箱にしまった方が無くさないといった実体験からです。

アップルペンシルは意外と長く入る筆箱が中々見つかりませんでした。

アップルペンだけ入る筆箱はありはしますが、どうせなら一つの筆箱にまとめた方が管理も楽なのでそこでこの長さが20センチあるリヒトラブの筆箱に行き当たりアップルペンもちゃんと傷も付かず収納出来ています。

メッシュポケットも便利

リヒトラブの筆箱はブックタイプですので、ペンケースの後ろにも収納があります。

メッシュポケットが左側に3つ、右側に1つ付いています。

リヒトラブの筆箱はたくさんペンが入る

左側には消しゴムや替芯など小物を入れてもいいですし、小生の場合はポストイット・付箋、そして上部にはUSBメモリを入れています。

右サイドは大きめの文房具。ホッチキス、ハサミ、修正ペン、三角スケールと言った具合です。以前はカッターナイフも入れていました。

これらのものを整然と収納でき必要な時にすぐ取り出せるのがブックタイプ筆箱のメリットになります。

リヒトラブの筆箱の内部ポケット

外にも収納ができる

リヒトラブの筆箱は外側にもカードとメモが入るポケットがあります。

メモ入れはA7サイズと少々コンパクトではありますが、アイディアを思いついた時にサッと取り出し書けるので重宝しています。

リヒトラブの筆箱はメモ帳も収納できる

リヒトラブ筆箱のまとめ

最近ではパソコン、タブレット、スマホなどの電子機器によってペンで書く作業は減ってきています。しかしながら小生のようにデザイン作成に携わっているとやはり紙に書いた方が早かったり、収納・チェックなどにマーカーペンは必要になりますね。

購入したリヒトラブの筆箱は安くて使いやすい筆箱だと思います。

整頓された筆箱を持つということは、作業効率が上がりますし、物を無くす機会も少なくなるのではないでしょうか。

そして書くことによりおじさんのボケ防止にもなると思っております。

タイトルとURLをコピーしました