パタゴニアのサーフ Tシャツのレビュー|おじさん丘サーファーだけど文句ある?

アウトドアファッション

海が好きならパタゴニアのサーフウェアは外せません。

特にサーフって名前がついたTシャツ『クオリティ・サーフ・ポケット・レスポンシビリティー』はアメリカ西海岸の匂いをプンプンさせたTシャツなんです。


どんな所が海を感じさせるのかって?


それについてはこれからの記事にてご説明いたします。

それではパタゴニアのサーフTシャツ『クオリティ・サーフ・ポケット・レスポンシビリティー』レビュー始まりです。

スポンサーリンク

クオリティ・サーフ・ポケット・レスポンシビリティーのディテール

Sespe tan Patagonia Tshirts


パタゴニアのサーフTシャツ『オリティ・サーフ・ポケット・レスポンシビリティー』は1973年来のハイクオリティなサーフウェアです。

海を想う、地球を想うサーファーに向けたパタゴニア初のカーボンニュートラルTシャツは、はぎれ生地と回収されたペットボトルを利用したリサイクル素材100%のこのTシャツは、これからのアウトドアウェアブランドの今後の行く末を考えさせられる一着となっております。


Tシャツ単独で着てもパーカーなどと重ね着してもなお洒落にきまるクラシックなクルーネックのTシャツで左胸にはポケット付きます。

背中にはPatagoniaのロゴとあわせて「SURF WEAR」の表記もありこのTシャツがサーファーに向けてデザインされていることがわかりますね。

Sespe tan Patagonia Tshirts


2022年時は「Sespe Tan」「New Navy」「Fresh Teal」「Lago Blue」の4色展開。


小生は「Lago Blue」「Sespe Tan」と迷いましたがノスタルジックな雰囲気の「Sespe Tan」を得選びました。

このマスタード感がたまらんのです。


奥様の評判は「麻袋」「コーヒー豆の袋」などを芳しくないのですが、どうしてこのアースカラーの良さがわからないのかなどと内心思ってます。


まあ大概の日本人なら「New Navy」を選ぶことでしょうが、「Sespe Tan」はおじさん丘サーファーならではの選択でした。

スポンサーリンク

パタゴニアのサーフTシャツの気に入っているところ


 Patagonia surf tshirts logo


このパタゴニア サーフ tシャツ『クオリティ・サーフ・ポケット・レスポンシビリティー』でお気に入りの点を言いますと生地感と左胸にあるポケット。そしてロゴパッチ。


斜めにデザインされた70年代を彷彿とさせる書体は、おじさんにドはまりで若き頃の湘南の海を懐かしむノスタルジーアイテムとなっております。


購入して5回洗濯をしましたが色落ちはありませんでしたよ。

サイズ感はゆったりと

パタゴニア サーフTシャツ コーデ


ではいつものようにパタゴニアのサーフTシャツのサイズ感もご紹介します。


小生の身長は170センチ 体重は62キロ。華奢な方ですがお腹は少しばかり出ています。



購入したTシャツはMサイズを選びました。

結果は少しゆったりでそこそこ丁度いいサイズ。


これがSサイズだったら肩周り・首回りはきつかったかもしれません。

パタゴニアのキャプリーンTシャツも持っておりますので、おおよそパタゴニアウェアのサイズ感は理解していますがキャプリーンTシャツより少しゆったりめの作りかもしれません。

袖は長めで肘上くらいの長さ。


裾も長めですね。

ジーパンやバギーズロングにとても似合います。


これぞサーファーシャツって雰囲気がありデザインは凄く気に入っています。

着心地は?ちょっとチクチクするかも

Patagonia surf T-shirts  surface


5.6オンス・リサイクル・コットン50%とサイクル・ポリエステル50%のジャージー素材で毛羽だった生地です。

新品の状態でも毛玉があるような生地で、一般的なコットン生地と比べチクチクするかも。

筆者は少しごわついた生地だなって思うくらいで別段普通に着ても問題ないのですが、敏感肌の方は気になるかもしれません。数回洗濯すれば気にならないことでしょうが商品を確認してから購入する事をおすすめします。


着心地についてですが、ゆったりめの作りなのでストレスはありません。

5.5オンスの生地厚と以外とWarmな生地なので真夏日に着ると暑いと感じますが、海風に吹かれたり海から上がった素肌には心地良いかと。


Mサイズ購入でしたが首周りのリブが暑苦しく感じ手で引っ張って伸ばしたりもしています。

何度も着ていると伸びてくるんでしょうか?

まとめ

小生が学生の頃と言ったらサーファー全盛期。

格好だけサーファーってのがキャンパスを闊歩していましたね。


『ボートハウス』のトレーナー(男はライトブルーで女はイエローだったか)も彼女とお揃いで着てたりして、マツダの赤いファミリアのトップにサーフボードを載せたりしてたね。

まだウィンドサーフィンは無かったな


”真冬のサーファーはまるでカラスの群れのようさ”なんて比喩されたりして

本当にいい時代でしたね。


アウトドア用品探しのおすすめショップご紹介します。

タイトルとURLをコピーしました